感動・心に響く話 - 激バズ

感動・心に響く話

まとめ

「人は結局結果からしか判断しない」偏差値30から慶大合格のビリギャルの言葉が刺さる

「人は結局結果からしか判断しない」偏差値30から慶大合格のビリギャルの言葉が刺さる 偏差値30から慶応大学に合格したビリギャルこと、小林さやかさんの発言が世の本質を掴んでる名言だと反響を呼んでいます。 ビリギャル小林さやかさんの...
まとめ

ヤマト運輸のドライバーが車を放置し、車椅子の人を助ける

ヤマト運輸のドライバーが車を放置し、車椅子の人を助ける ヤマト運輸のドライバーさんが自分の車を放置し、車椅子の人を助けたことがネットで称賛を浴びています。 優しい pic.twitter.com/AR4UFuL5wZ— ...
まとめ

「ウユニ塩湖行ったら人生変わった」って言ってた友達が慶應SFC行った後に挫折して地元に帰ってきた話【ツイッター文学】

「ウユニ塩湖行ったら人生変わった」って言ってた友達が慶應SFC行った後に挫折して地元に帰ってきた話【ツイッター文学】 麻布競馬場さんが投稿した、「ウユニ塩湖行ったら人生変わった」って言ってた友達が慶應SFC行った後に、東京で挫折し地元に帰...
まとめ

ロッテ佐々木の完全試合で、大船渡高校の國保監督の当番回避という苦渋の決断がやっと報われた

ロッテ佐々木の完全試合で、大船渡高校の國保監督の当番回避という苦渋の決断がやっと報われた ロッテ佐々木の完全試合で、大船渡高校の國保監督が、全国高校野球選手権の岩手大会の決勝で、佐々木朗希選手の故障を防ぐために当番回避という苦渋の...
まとめ

鬱病になって、かつて唾を吐きかけたこの街に逃げるように戻ってきた先生の、あまりに惨めな人生の話をします。

鬱病になって、かつて唾を吐きかけたこの街に逃げるように戻ってきた先生の、あまりに惨めな人生の話をします。 岡山県のとある小学校の生徒の卒業式の日に、生徒たちへのメッセージとして、エリート大学を卒業したにもかかわらず僻地勤務で鬱病になって、...
まとめ

一度、自分のキャラクターのショーで重篤な障害を持つ子供たちの施設にショーで呼ばれて行った・・・

一度、自分のキャラクターのショーで重篤な障害を持つ子供たちの施設にショーで呼ばれて行った・・・ 投稿者の方が、自身で制作されたメイドールズのショーが、重篤な障害を持つ子供たちの施設で行われたので行ってみた結果・・・ 一度、自分のキャ...
まとめ

17歳の高校生が書いた小説「火葬と夕星」の想像力と表現力が圧倒的すぎる!

17歳の高校生が書いた小説「火葬と夕星」の想像力と表現力が圧倒的すぎる! 17歳になったばかりの姪っ子の想像力と表現力が、自分を余裕で超えている… 学校で賞を取ったらしい。 pic.twitter.com/kmKIaRYOtL&mda...
まとめ

久しぶりに三人揃ってお墓参りに行ってきました。

久しぶりに三人揃ってお墓参りに行ってきました。 加藤茶さん、仲本工事さん、高木ブーさんの3人が、志村けんさんの東村山市にあるお墓参りに行ってきたという投稿が反響を呼んでいます 久しぶりに三人揃ってお墓参りに行ってきました。やっぱり、グル...
まとめ

文部科学大臣賞受賞作品「ぼくがいるよ」に多くの人が感動

文部科学大臣賞受賞作品「ぼくがいるよ」に多くの人が感動 日本語大賞で、文部科学大臣賞に輝いた小学生・森田悠生の受賞作品「ぼくがいるよ」が本当に号泣すると反響を呼んでいます。 「ぼくがいるよ」もとてもよくて泣けます。 pic.twit...
まとめ

【おとうさんにもらったやさしいうそ】日本語大賞で小学生が書いた作文が本当に泣ける

【おとうさんにもらったやさしいうそ】日本語大賞で小学生が書いた作文が本当に泣ける 日本語大賞というエッセイや作文にコンクールで、小学生1年生(佐藤亘紀さん)が書いた文部科学大臣賞受賞作品「おとうさんにもらったやさしいうそ」が本当に感動的だ...
タイトルとURLをコピーしました