精神科医「弱者男性の救いのない問題に対して、女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっている」 - 激バズ

精神科医「弱者男性の救いのない問題に対して、女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっている」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

精神科医「弱者男性の救いのない問題に対して、女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっている」


弱者男性の救いがなく孤立しやすいが、弱者女性は面倒をみてくれる男性(理解のある彼君)がくっついているので孤立しにくい、そして女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっていると精神科医が投稿して反響を呼んでいます。


ネットの声


精神科医「弱者男性の救いのない問題に対して、女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっている」


精神科医「弱者男性の救いのない問題に対して、女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっている」

 


精神科医「弱者男性の救いのない問題に対して、女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっている」


精神科医「弱者男性の救いのない問題に対して、女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっている」


精神科医「弱者男性の救いのない問題に対して、女装が社会的な弱者男性の受け入れ窓口の1つになっている」



こちらもオススメ








タイトルとURLをコピーしました