不登校の原因は「本人の無気力、不安」とされてきたが、子供にきいたら原因のほとんどが「先生」と「いじめ」だった - 激バズ

不登校の原因は「本人の無気力、不安」とされてきたが、子供にきいたら原因のほとんどが「先生」と「いじめ」だった

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不登校の原因は「本人の無気力、不安」とされてきたが、子供にきいたら原因のほとんどが「先生」と「いじめ」だった

文部科学省の長年の調査では不登校の原因の半数が「本人の無気力、不安」だったが、それは学校側の言い分で、子供と家庭に聞いたら原因の3割が「先生」、3割が「いじめ」だったということが判明して反響を呼んでいます。

ネットの声




こちらもオススメ






タイトルとURLをコピーしました