矢は金がかかる安いアイルランド兵を出せの元ネタは? - 激バズ

矢は金がかかる安いアイルランド兵を出せの元ネタは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

矢は金がかかる安いアイルランド兵を出せの元ネタは?

矢は金がかかる安いアイルランド兵を出せの元ネタは?

元ネタは、メル・ギブソン監督・主演で、スコットランドの独立の戦いを描いた映画ブレイブハート(1995年 アメリカ)における、イングランド王エドワード1世のセリフです。
1285年当時のイングランドでは、政令で年収によって保有できる武器を定めていて、騎兵は300シリング以上、弓兵は40シリング以上、歩兵は40シリング以下で、それは弓が馬と比べれば安いものの歩兵の武器と比べれば高価だったことがわかるのではないでしょうか。

矢は金がかかる安いアイルランド兵を出せの元ネタは?

矢は金がかかる安いアイルランド兵を出せの元ネタは?

実際に中世ヨーロッパでは矢は高価だった?

ネットの声

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,091(2022/05/29 04:50:47時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ






タイトルとURLをコピーしました