ストロングゼロ一本はテキーラのショット3.5杯分!医師が「臓器障害の危険性もあり、危険ドラッグとして規制するべき」と注意喚起! - 激バズ

ストロングゼロ一本はテキーラのショット3.5杯分!医師が「臓器障害の危険性もあり、危険ドラッグとして規制するべき」と注意喚起!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストロングゼロ一本はテキーラのショット3.5杯分!臓器障害の危険性もある

缶チューハイの定番アイテムになっているサントリーの「ストロングZERO」ですが、実はそのアルコール濃度がかなり高く、テキーラのショット3.5杯分とされていて、医師も臓器障害の危険性もあるとして危険ドラッグ並みに規制すべきだという発言が話題になっています。


ストロングゼロ一本はテキーラのショット3.5杯分!臓器障害の危険性もある

ストロングゼロ一本はテキーラのショット3.5杯分!臓器障害の危険性もある

ストロングゼロ一本はテキーラのショット3.5杯分!臓器障害の危険性もある

松本俊彦医師が注意喚起「ストロングゼロは危険ドラッグとして規制対象とすべき

ストロングゼロ一本はテキーラのショット3.5杯分!臓器障害の危険性もある

ネットの声

こちらもオススメ








タイトルとURLをコピーしました