KADOKAWAの「アニメホテル」が閉鎖について、「らきすた」の聖地である埼玉県鷲宮町の職員の言葉が思い出される - 激バズ

KADOKAWAの「アニメホテル」が閉鎖について、「らきすた」の聖地である埼玉県鷲宮町の職員の言葉が思い出される

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KADOKAWAの「アニメホテル」が閉鎖について、「らきすた」の聖地である埼玉県鷲宮町の職員の言葉が思い出される

KADOKAWAの肝煎で作られた埼玉県所沢市の「アニメホテル」が閉鎖される件について、15年以上前に「らきすた」の聖地巡礼で話題になった埼玉県鷲宮町(現在の久喜市)の職員の「キャラクターを単なる消費として扱うんじゃなく、キャラクターが町民の一人のように、まるで本当に住んでいるように大事にしないとダメ」という言葉を心に刺さると話題になっています。


KADOKAWAの「アニメホテル」が閉鎖について、「らきすた」の聖地である埼玉県鷲宮町の職員の言葉が思い出される


ネットの声



こちらもオススメ







タイトルとURLをコピーしました