武蔵野市・松下市長が外国人投票権条例を再提出の意向表明! - 激バズ

武蔵野市・松下市長が外国人投票権条例を再提出の意向表明!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

武蔵野市・松下市長が外国人投票権条例を再提出の意向表明!

住民投票条例再提出へ 松下市長がシンポで意向表明 東京・武蔵野市

東京都武蔵野市の松下玲子市長は3日、市内で開かれたシンポジウムで「住民投票条例を定めたい」と述べ、令和3年12月に市議会本会議で否決された同条例案について、再提出する意向を表明した。

提出時期は明言しなかった。今年2月の記者会見では「論点を整理して検討する」として、再提出を当面見送る考えを示していた。

市が昨年提出した条例案は日本人と外国人を区別せずに投票権を認める内容で、外国人には留学生や技能実習生らも含まれていた。

この点について、実質的な外国人参政権を容認するとの慎重論や、市民への周知不足の懸念が噴出。

さらに、条例案の根拠となる自治基本条例の原案を作った懇談会が設置根拠となる条例を欠き、地方自治法に抵触する可能性を指摘する声などが上がっていた。

これに対し、松下氏は「外国籍住民の排除に合理的な理由はない」などと主張。

懇談会の法的位置づけについても、設置条例は不要で自治法に違反しないなどとする見解を市のホームページで公表… (略)

引用元ソース:sankei.com


ネットの声


武蔵野市・松下市長が外国人投票権条例を再提出の意向表明!


こちらもオススメ










タイトルとURLをコピーしました