【ブーメラン】立憲・石垣のりこ氏に統一教会系の新聞だと名指しされた「世界日報」に立憲民主党の重鎮(枝野・岡田・安住)も登場していた - 激バズ

【ブーメラン】立憲・石垣のりこ氏に統一教会系の新聞だと名指しされた「世界日報」に立憲民主党の重鎮(枝野・岡田・安住)も登場していた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ブーメラン】立憲・石垣のり子氏に統一教会系の新聞だと名指しされた「世界日報」に立憲民主党の重鎮(枝野・岡田・安住)も登場していた

【ブーメラン】立憲・石垣のり子氏に統一教会系の新聞だと名指しされた「世界日報」に立憲民主党の重鎮(枝野・岡田・安住)も登場していた

統一教会の機関紙だと立憲民主党の石垣のり子氏に名指しされた「世界日報」ですが、実は、立憲民主党の重鎮(枝野・岡田・安住)もインタビュー受けていたことがわかりました。なお、石垣のり子氏はそれでも発言の撤回をしないとのことです。


【ブーメラン】立憲・石垣のり子氏に統一教会系の新聞だと名指しされた「世界日報」に立憲民主党の重鎮(枝野・岡田・安住)も登場していた

立憲民主党参院議員 石垣のりこ様

抗議文

石垣議員のツィッターに7月20日、弊社の正月特集「2022年憲法改正わが党はこう挑む」のリンクをはる形で、次のようにツイートされました。
「世界日報」今年の正月特集。 自民、国民、維新、改憲三党、統一教会の機関紙に揃い踏み。 わかりやすいですねえ。

石垣議員はここで、弊紙を「統一教会の機関紙」と断定しておりますが、弊紙は総合日刊紙であり、統一教会の機関紙ではありません。まったくの事実誤認に基づくツイートであり、謝罪のツイート掲載、および事実誤認に基づくツイートの削除を求めます。

なお、国会でも平成26年秋の衆院予算委員会で同様の事実誤認に基づく質問が当時の民主党議員(現、立憲民主党幹部)から行われ、当該議員が後に「事実誤認」を認めて訂正とおわびを申し述べており、そのことは議事録にも残っています。

石垣議員は憲法改正に反対の立場を表明しておられます。弊社は社説もコラム等でも法改正の必要性を訴えており、新年企画もその趣旨に沿ったもの です。もし反対したいのであれば、その中身について批判すべきではないでしょうか。単なるレッテル張りによる、印象操作でしか反対を表明できないのは議員として情けない事です。

かつて弊紙には、民主党憲法調査会長だった枝野幸男議員も正月計画の憲法改正をテーマにした政治座談会に登場し、党と個人の憲法改正に関する考え方を堂々と述べられています。
そればかりではなく、民主党の他の重鎮議員(岡田克也、安住淳議員) もインタビューや座談会に登場しております。

一方、石垣議員のツイートは、同じ立憲民主党の蓮舫議員が引用する形で、次のようにリツイートしています。

「世界日報でこの3人3党なのか。
で、立憲批判。
この特集が何に使われたのか。
自らを悔い改めるべきでしょう。」

石垣議員はこの蓮舫議員のリツイートをまたリツイートし、マッチポンプのように虚偽情報を拡散しています。
改めて、早急に事実誤認を認めて謝罪のツイートを行い、さらに、蓮舫議員が拡散したものも含めて事実誤認を含むツイートを消去することを求めます。
もし、7月22日(金)17時までに対処がない場合は、石垣談員および英坊議員のツイー ト内容と弊社のこの抗議文、さらに国会の議事録や弊紙の過去の紙面などを全て紹介し、 弊紙の特集記事として報道するとともに、法的措置を取ることも通知しておきます。

平成4年7月21日








ネットの声

created by Rinker
¥1,760(2022/12/06 22:46:43時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
¥564(2022/12/06 19:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ











タイトルとURLをコピーしました