【お先にどうぞの落とし穴】歩行者に道を譲られた車が交通違反になった事件、弁護士の活躍で「撤回」されることに! - 激バズ

【お先にどうぞの落とし穴】歩行者に道を譲られた車が交通違反になった事件、弁護士の活躍で「撤回」されることに!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【お先にどうぞの落とし穴】歩行者に道を譲られた車が交通違反になった事件、弁護士の活躍で「撤回」されることに!

歩行者に道を譲られたので、直進したところ警察に停められ交通違反となった事件について、藤吉修崇弁護士の活躍により、「撤回」されるという前例のない結果となったようです。

 「横断歩道では歩行者優先」と道路交通法で定められています。皆さんは、運転中に歩行者から「お先にどうぞ」と合図されたら、どうしますか?良かれと思って、道を譲った歩行者の行動が違反につながってしまうケースがあるのです。

■「お先にどうぞ」落とし穴?

 都内のどこにでもある信号のない横断歩道。ドライブレコーダーが捉えた映像です。

 止まっていた路線バスが動いたため、後に続こうとしますが、右から歩行者が来たため、車は一時停止します。

 すると、今度は左から来た歩行者が、先に行くよう車に手を挙げて合図をします。

 横断歩道は歩行者優先。運転手はちゅうちょしますが、道を譲られたので、車を発進させました。

 歩行者と運転手が互いを思いやる、一見、何でもないやり取り。ところが、この後、事態は一転します。

■横断歩道走行したら…「違反」

 運転していた男性は、警察に止められます。

 運転していた男性:「停車をした所で警官の方が来て、トントンッてことで窓を開けたら、『分かりますか?』とか言ってきたので。私何のことかちょっと分からなかったので、『分かりません』と言ったら、『違反です』って言ってきたんです」

 男性は、警察官に「歩行者妨害違反」と告げられました。

 運転していた男性:「『私、譲られたので、行ったんですけど』と言ったんですけど。『それも行ったら違反です』って言われた」

出展:yahoo.co.jp

【お先にどうぞの落とし穴】歩行者に道を譲られた車が交通違反になった事件、弁護士の活躍で「撤回」されることに!

ネットの声

こちらもオススメ









タイトルとURLをコピーしました