【動画有】歌舞伎町「大久保公園」での「立ちんぼ(パパ活)」の現状。「トー横キッズ」も流入!? - 激バズ

【動画有】歌舞伎町「大久保公園」での「立ちんぼ(パパ活)」の現状。「トー横キッズ」も流入!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歌舞伎町「大久保公園」での「立ちんぼ」の現状。「トー横キッズ」も流入!?

新宿の大久保病院や大久保公園に隣接した一帯では、パパ活や売春のために路上で客引きをする女性が立っている(通称:立ちんぼ)地帯になっていますが、昨今は10代後半から20代前半のトー横キッズも流れてきている現状があるようです。

新宿・歌舞伎町の一角にある「大久保公園」周辺が今、かつてなく賑わっている。路上で客引きをする女性が今秋以降、外国人も含めて急増しているのだ。常時、十数人の女性が立つ状態となり、男性が続々と吸い寄せられている。

さらには「冷やかし」に加えて、無断撮影者もいて、さながら「売春観光地」の様相も見せている。異常な光景になっていることから、「買春男性の取り締まりを検討するべき」という声も上がる。(ジャーナリスト・富岡悠希)

●冬にもかかわらず「ホットスポット」となっている

12月上旬の週末の夜、JR新宿駅から徒歩10分程度にある大久保公園に向かう。手袋とマフラーを着用し、ロングコートを羽織ったが、かなり寒い。

到着した目的地は、外気温と異なり、男女のホットスポットだった。

数メートルおきに立っている女性に対して、男性が次々と声をかけていく。値段や行為内容を交渉するためだ。そうした様子を少し離れた場所から眺めている男性も、複数目についた。

20代とみられる男性3人のグループが通りかかる。「お前、あっちの子に声かけてみろよ」「酒飲んでるのだから、勢いでいけるっしょ」。そんな会話を交わしていた。

別の通りに出ると、外国人女性が数人並んでいた。そのうちの1人は、長身で彫りがかなり深い。同地に集う女性たちを支援するNPO法人「レスキュー・ハブ」代表の坂本新さん(51)は「ブラジル系やシンガポールなどの東南アジア出身者がいるようです」と話す。
出展:弁護士ドットコムニュース


【動画有】歌舞伎町「大久保公園」での「立ちんぼ(パパ活)」の現状。「トー横キッズ」も流入!?

【動画有】歌舞伎町「大久保公園」での「立ちんぼ(パパ活)」の現状。「トー横キッズ」も流入!?





ネットの声



created by Rinker
¥809(2023/02/01 15:44:47時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ














タイトルとURLをコピーしました