沈没したタイタニック号で日本人でただ一人生還した乗客がYMOの「細野晴臣」さんの祖父である「細野正文」さんで手記も残っていた! - 激バズ

沈没したタイタニック号で日本人でただ一人生還した乗客がYMOの「細野晴臣」さんの祖父である「細野正文」さんで手記も残っていた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1912年に大西洋の沈没したタイタニック号で日本人でただ一人生還した人がYMOの「細野晴臣」さんの祖父である「細野正文」さんだったことが話題になっています。今回は、「細野正文」さんとタイタニック号に乗船した経緯を調査しました。

「細野正文」さんの出身や学歴や職業などのwiki風プロフィール

「細野正文」さんのwiki風プロフィール

細野正文 wiki風プロフィール

本名:細野 正文(ほその まさぶみ)
生年:1870年年11月8日
没年:1939年年3月14日(68歳没)
出身地:新潟県中頸城郡保倉村(現在の上越市)
学歴:東京外語学校(現在の東京外国語大学)ロシア語科修了
職業:鉄道官僚(逓信省)
国籍:日本
備考:タイタニック号の乗客
親族:孫:細野晴臣(4男の細野日出臣の息子)

●細野晴臣さん(当時32歳)
「細野正文」さんの出身や学歴や職業などのwiki風プロフィール:細野晴臣さん(当時32歳)

「細野正文」さんがタイタニック号に乗船しており手記も残されている

「細野正文」さんは、1912年に大西洋上の氷山にぶつかり沈没したタイタニック号に乗船しており、唯一生還した日本人で、YMOの細野晴臣さんの祖父となります。

細野は鉄道院副参事(現在の国土交通省大臣官房技術参事官に相当)を務めていた1912年、第1回鉄道院在外研究員としてロシア・サンクトペテルブルク留学の帰路にタイタニック号に乗船した。

日本人唯一の乗船客である細野は、タイタニック号沈没事故において最も死亡率が高かった二等船室の男性乗客[注釈 1]であったが、10号ボートに乗って生還を果たした。細野はその時の状況を雑誌『冒険世界』(1912年7月号)において次のように語っている。
出展:wikipedia.org


なお、細野正文さんの手記も残っています。
「細野正文」さんがタイタニック号に乗船しており手記も残されている

「細野正文」さんがタイタニック号に乗船しており手記も残されている


「細野正文」さんがタイタニック号に乗船しており手記も残されている

「細野正文」さんがタイタニック号に乗船しており手記も残されている


ネットの声


「細野正文」さんがタイタニック号に乗船しており手記も残されている

「細野正文」さんがタイタニック号に乗船しており手記も残されている

created by Rinker
ヒカルランド
¥1,760(2024/02/29 04:38:35時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ











タイトルとURLをコピーしました