日本史における口減らしをする理由は、隣人から食べ物を盗むことになるからで、これをしないと村八分にされる - 激バズ

日本史における口減らしをする理由は、隣人から食べ物を盗むことになるからで、これをしないと村八分にされる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本史における口減らしをする理由は、隣人から食べ物を盗むことになるからで、これをしないと村八分にされる

日本史における口減らしの種類・手段としては、姥捨て山、天狗にさらわれた、神隠し、一つ目小僧(片目を潰した)、カッパ(水死体)などがあり、これをやる理由としては、子だくさんで子供を間引かない家は、必ず隣人から食べ物を盗むことになり、これをしないと村八分(村総出で焼き討ちなど)をされるという日本史の闇が投稿され反響を呼んでいます。


ネットの声





こちらもオススメ








タイトルとURLをコピーしました