×
日本史における口減らしをする理由は、隣人から食べ物を盗むことになるからで、これをしないと村八分にされる - 激バズ

日本史における口減らしをする理由は、隣人から食べ物を盗むことになるからで、これをしないと村八分にされる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本史における口減らしをする理由は、隣人から食べ物を盗むことになるからで、これをしないと村八分にされる

日本史における口減らしの種類・手段としては、姥捨て山、天狗にさらわれた、神隠し、一つ目小僧(片目を潰した)、カッパ(水死体)などがあり、これをやる理由としては、子だくさんで子供を間引かない家は、必ず隣人から食べ物を盗むことになり、これをしないと村八分(村総出で焼き討ちなど)をされるという日本史の闇が投稿され反響を呼んでいます。


ネットの声



created by Rinker
¥693(2024/05/18 04:16:00時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥327(2024/05/18 04:16:01時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ








スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ
gekibuzzをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
激バズ
タイトルとURLをコピーしました