ネットカフェ店員が秋葉原の路上で「ヤクザ幹部を刺殺」。佐々木文俊容疑者を逮捕。【山口組系暴力団幹部山中健司さん殺害事件】 - 激バズ

ネットカフェ店員が秋葉原の路上で「ヤクザ幹部を刺殺」。佐々木文俊容疑者を逮捕。【山口組系暴力団幹部山中健司さん殺害事件】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットカフェ店員が秋葉原の路上で「ヤクザ幹部を刺殺」。佐々木文俊容疑者を逮捕。【山口組系暴力団幹部山中健司さん殺害事件】

ネットカフェ店員が秋葉原の路上で「ヤクザ幹部を刺殺」【山口組系暴力団幹部殺害事件】

「救急車を呼んでくれ……」

路上に倒れていた男性はキズ口を手で押さえ、苦しそうに通行人へ訴えた。通報を受けた救急隊員がかけつけた頃には、意識不明の状態に。病院に搬送されたが、数時間後に死亡が確認された――。

亡くなったのは、山口組系暴力団幹部で東京都台東区に住む山中健司さん(34)だ。左脇腹を刃物で刺された山中さんが、倒れているのが発見されたのは7月21日の午後6時半過ぎ。場所は、JR秋葉原駅から200mほどの繁華街だった。

「目撃者によると、被害者の腹には犯行に使われたナイフの持ち手が見えたとか。刃の部分は見えなかったそうですから、相当深く刺さっていたと思われます。110番通報を受けた警察官が『横になっていて。スグに救急車が来るから』と励ましていましたが、路上に血があふれ出るほど出血がヒドかったようです」(全国紙社会部記者)


◆「シノギ」の減った暴力団員

事件直後、近くの警視庁万世橋署に出頭したのは、神奈川県相模原市の職業不詳・佐々木文俊容疑者(35)だ。同署は翌日、殺人の疑いで佐々木容疑者を逮捕する。

「事件当日、佐々木容疑者と山中さんは秋葉原の喫茶店にいました。知人男性をまじえ3人で話し合いをしていたようです。山中さんが退席し店を出た時に、佐々木容疑者が持っていたナイフで刺殺。警察に対し『とっさに刺してしまった。間違いありません』と話し、容疑を認めています。

出展:yahoo.co.jp

ネットの声




こちらもオススメ









タイトルとURLをコピーしました