×
【神戸6歳男児遺棄事件】被害児童の修ちゃんは母の穂坂沙喜と弟の穂坂大地との近親相姦で生まれた説も・・・ - 激バズ

【神戸6歳男児遺棄事件】被害児童の修ちゃんは母の穂坂沙喜と弟の穂坂大地との近親相姦で生まれた説も・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

神戸市西区で、54歳の母親を監禁、暴行した事件で、5人兄弟のうちの4人が逮捕された事件で、長女の沙喜容疑者の息子の修ちゃん(6)が近くの草むらでスーツケースに入れられて亡くなっていたことから、児童死体遺棄事件として捜査されてる事件を調べました。

神戸6歳男児遺棄事件の概要

 それは実に奇妙な同居生活だった。57歳の祖母のもとに、34歳の母らきょうだいが蝟集。大人たちの繰り広げる荒れた暮らしにあって、6歳の男児は命を落としてしまう。神戸市で起きた園児遺棄事件。一家の来し方からは、その“萌芽”が至る所に見てとれるのだ。

悲劇の舞台となったのは神戸市西区、第二神明道路の玉津インター近くに位置するアパートである。築三十余年のこの住宅に、当事者である「穂坂一家」は2011年から住み続けてきたという。

事件は6月20日深夜、57歳祖母が自宅から数キロ離れた路上で発見されたことに端を発する。

出展:yahoo.co.jp

【神戸6歳男児遺棄事件】被害児童の修ちゃんは母の穂坂沙喜と弟の穂坂大地との近親相姦で生まれた説も・・・

【神戸6歳男児遺棄事件】被害児童の修ちゃんは母の穂坂沙喜と弟の穂坂大地との近親相姦で生まれた説も・・・

被害児童の修ちゃんは母の穂坂沙喜と弟の穂坂大地との近親相姦で生まれた説も・・・

「修君の死因は外傷性ショックの疑いと発表されました。背中を中心に打撲の痕跡が広がっており、遺棄前日の18日から暴行が激しくなったとみられます。県警は、祖母の監禁傷害と修君の遺棄のいずれも大地が主犯だと踏んでいる。実際に沙喜は『弟に指示された』と供述し、祖母も『大地が(遺棄に使った)スーツケースを用意させていた』と説明しています」

それでも、謎は尽きない。

「祖母の夫の所在や生死は不明。また大地には妻がいて別居状態だという。さらに、肝心の修君の父親についても県警は“正式に戸籍に出てこないのでわからない”としています。また沙喜に至っては、弟である大地との“関係”をほのめかすなど、判然としない状況が続いています」

出展:yahoo.co.jp

【神戸6歳男児遺棄事件】被害児童の修ちゃんは母の穂坂沙喜と弟の穂坂大地との近親相姦で生まれた説も・・・

【神戸6歳男児遺棄事件】被害児童の修ちゃんは母の穂坂沙喜と弟の穂坂大地との近親相姦で生まれた説も・・・

【神戸6歳男児遺棄事件】被害児童の修ちゃんは母の穂坂沙喜と弟の穂坂大地との近親相姦で生まれた説も・・・




ネットの声


created by Rinker
イースト・プレス
¥1,630(2024/05/25 05:51:04時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥642(2024/05/25 07:34:51時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ





スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ
gekibuzzをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
激バズ
タイトルとURLをコピーしました