【エリサ・ラム事件】セシル・ホテルのエレベーターに乗った少女が不可解な行動→その後失踪し貯水槽で死亡していた事件の闇が深い【動画有】 - 激バズ

【エリサ・ラム事件】セシル・ホテルのエレベーターに乗った少女が不可解な行動→その後失踪し貯水槽で死亡していた事件の闇が深い【動画有】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エリサ・ラム事件(エリサ・ラムじけん)は、2013年2月19日にエリサ・ラム(英: Elisa Lam、広東語名:藍可兒、1991年4月30日 – 2013年2月)の遺体が、アメリカ合衆国・ロサンゼルスのダウンタウンにあるセシル・ホテル(Cecil Hotel)の屋上の貯水槽内で発見された事件です。

【エリサ・ラム事件】セシル・ホテルのエレベーターに乗った少女が不可解な行動→その後失踪し貯水槽で死亡していた事件の闇深い【動画有】

エリサ・ラムの失踪とエレベーターの映像公開【動画有】

エリサ・ラムは香港系カナダ人のブリティッシュコロンビア大学の学生で、セシル・ホテルにチェックインしていていました。
しかし、その後、失踪し
エリサ・ラムの失踪とエレベーターの映像公開【動画有】

エリサ・ラムの失踪とエレベーターの映像公開【動画有】

5日前にロサンゼルス市警察がラムのエレベーター内の映像を公開し、インターネットで広まりました。映像ではラムが奇妙な行動をしている様子が捉えられています。

エリサ・ラムの失踪とエレベーターの映像公開【動画有】

エリサ・ラムの失踪とエレベーターの映像公開【動画有】

●エリサ・ラムが奇怪な行動をを取ったエレベーターの映像



エリサ・ラムの遺体の発見と議論

セシル・ホテルの屋上の貯水槽内で、ホテルの給水問題を調査していた保守作業員によって遺体が全裸で発見されました。
エリサ・ラムの遺体の発見と議論:

ラムの行動については超常現象から双極性障害までさまざまな説が挙げられました。

エリサ・ラムの遺体の発見と議論:

検死報告書によれば、死因は不慮の事故によるものでした。


セシル・ホテルの歴史と事件の影響

セシル・ホテルの歴史と事件の影響
セシル・ホテルは有名な殺人事件や自殺者の名所としても知られており、アメリカのみならず国際的にもホラースポットとして知られています。

1964年、電話交換手で当時79歳のゴールディー・オズグッド (Goldie Osgood) が強姦・殺害された事件がセシル・ホテルの一室で起きた。この事件は未解決のままになっています。

●ゴールディー・オズグッド (Goldie Osgood)
セシル・ホテルの歴史と事件の影響:セシル・ホテルの歴史と事件の影響

また、連続殺人犯のジャック・ウンターベガーと「ナイト・ストーカー」リチャード・ラミレスの両名も犯行を行っていた時期にこのホテルに泊まっていたこともわかっています。

●ジャック・ウンターベガー
セシル・ホテルの歴史と事件の影響:ジャック・ウンターベガー

●「ナイト・ストーカー」リチャード・ラミレス
セシル・ホテルの歴史と事件の影響:「ナイト・ストーカー」リチャード・ラミレス

ちなみに、セシル・ホテルは後に「ステイ・オン・メイン」に改名されています。

こちらもオススメ





タイトルとURLをコピーしました