×
「異文化理解」ができずに「ディズニー最大の失敗」と言われるのがオリエンタルランドと結んだ東京ディズニーランドのライセンス契約 - 激バズ

「異文化理解」ができずに「ディズニー最大の失敗」と言われるのがオリエンタルランドと結んだ東京ディズニーランドのライセンス契約

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「異文化理解」ができずに「ディズニー最大の失敗」と言われるのがオリエンタルランドと結んだ東京ディズニーランドのライセンス契約


東京ディズニーランドは、1979年(昭和54年)4月30日にウォルト・ディズニー・プロダクション(後のディズニー・エンタプライゼズ・インク)とオリエンタルランドとの業務提携契約が成立し、1983年に開園しましたが、当初ディズニー社は日本ではディズニーランドは成功しないと考え、自社運営ではなくリスクを取らないかたちでのライセンス契約を行いました。これは日本という異文化理解ができなかったディズニー社の失策だと言われています。

ネットの声



created by Rinker
¥770(2024/04/21 22:30:28時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ












スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ
gekibuzzをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
激バズ
タイトルとURLをコピーしました